注意

この作品には性的な表現が含まれています。18歳未満の方は、閲覧できませんのでご注意ください。
18歳以上の方は「OK」をクリックしてください。そうでない方は「キャンセル」をクリックしてください。

OK キャンセル

光る実 / よそ町

よそ町さんは、多摩美日本画科の学生。1年次の竹熊の「漫画文化論」課題で「光る実」を提出してきました。油絵や日本画など、一般美大生が描く漫画を見る面白さは「一般的漫画のパターンとは違う描き方」を目にした時です。「光る実」で誰もが注目するのは、森や草むらの繊細な描き方でしょう。パターン化された背景ではなく、背景とキャラクターがコマの中で「絵」として融合し合っています。商業漫画は、背景をアシスタントに任せる必要上、パターン化が避けられず、または資料写真を即物的に丸写しするようなものになりがちです。「光る実」の背景は、それ自体が「キャラクター」と呼べるほど、際立った存在感を主張しています。彼女の瑞々しい感性も、作品とよく調和しています。よそ町さんはPIXVでは「よそ YOSO」という名前で作品を発表しています。漫画は今後も描いていきたいそうで、楽しみです。

タイトルへ戻る