注意

この作品には性的な表現が含まれています。18歳未満の方は、閲覧できませんのでご注意ください。
18歳以上の方は「OK」をクリックしてください。そうでない方は「キャンセル」をクリックしてください。

OK キャンセル

家族喧嘩 / 水野清香

竹熊は2003年から多摩美術大学で「漫画文化論」を講義していますが、最初の年の課題で、まだ1年生だった水野さんがこの「家族喧嘩」を提出してきました。ペン入れからトーン処理まですべて紙ベースの完全アナログ原稿でした。私は多摩美や精華大で毎年多くの学生作品に接していますが、初めて水野さんの生原稿を見た時、そのまま雑誌に載せてもおかしくない、プロ級の完成度に感動したことを覚えています。「家族喧嘩」は、異質な世界観をわざと混在させることがアイデアの中心ですが、作者の高い作画技術が、ギャグの中でも難易度の高いこのパターンを成功させています。

水野さんは在学中いくつかの漫画編集部に持込をしたそうですが、プロ作家の道は険しく、卒業後、ゲーム会社に就職しました。現在は独立してイラストレーター・おうひと佐也可として仕事をされています。

とても絵の上手な人なので、ぜひ再び漫画を描いていただきたいものです。[竹熊]

タイトルへ戻る