「マヴォ読切劇場」は、シリーズ化を前提としない短編作品、コーナーを作るほど作品数がない作家の短編をおもに収録します。その作家の短編数が増えたら、作家コーナーとして独立することもあるので、作品ナンバーをつけていません。